星降る島のサークルをやろうと思った背景

はじめまして、私は 東京の小平市 鷹の台という街にある すうぷ屋Hygge、北欧雑貨kuksa、Coracao Recordsの運営会社 一般社団法人Qualia hyggeの代表をしている Min と言います。ボサノバシンガーの音楽家でもあります。20代の頃は メジャーレーベルのバンドで活躍し、30代に ボサノバというジョアンジルベルトの音楽に出逢い、音楽業界から離れ すべてをリセットして Cafeを営み 今に 至ります。すうぷ屋hyggeは 今年で7年目を迎えました
画像6
夢は叶ったけれど 大好きだった音楽が つまらなくなりかけていた時に ジョアンジルベルトのボサノバは 自分に人生をリセットするきっかけをくれました。
もともと、自分は 自然 豊かな田舎街で 育ったこともあり 心地よい安らぎのあるボサノバとスープはしっくりきました。

soup_yasai_150

NPOや環境団体の人、街の住民、企業、市役所など 沢山の人達が興味を持ち、応援して下さったおかげで 私が年に1回 主催している 公園のイベント 鷹の台Bossaは 私とバイト仲間と100人くらいのお客様からはじめたのも 今では 2000人もの集客が出来るまでの 大イベントになりました。商店街のカフェと連動して 30組程のアーティストを招いたり、衣食住アート文化のある集いと題して 他にも 沢山のイベントを 企画して 参りました。しかし、私の中では 何かがしっくりこないのです。確かに 商店街を巻き込んでイベントをやると 経済効果はあがり、鷹の台Bossaや衣食住アート 文化のある イベントをすると 沢山の人が 街にきてくれる。それは とても感謝することですし、嬉しいことなのですが、私の心はしっくりこない。盛り上がるのは イベントの時 だけだからです。

画像5

NPOや環境保護団体,etc..価値を持った人は イベントを利用して 反対、賛成、極端に 演説する。無理に署名を集めたり、雑木林がなくなることに 反対運動をしたり…それは 決して 悪い願いではないので 反対ではないんです。でも 私は、私の心地よい スープだったり、ボサノバだったり、自分が優しくなれる、『幸せだな』と感じることを 純粋に届けたい。幼少の頃に 野原で 花飾りを創ったり、おしろい花のおしろいを 塗って楽しんだり、意味や特別な価値がなくても… 子供も大人も 上も下も右も左も関係のない、ただの日常の心地よさ、安らぎのあるライフスタイルを伝えたい。そのくらいの気持ちで充分なのです。そこを飛び越えて、反対、賛成、正しい、間違い、どっちでもない…『こうじゃないといけない』『色んな人がいるから、関わるよりは  諦めて 認めてあげなよ』というのは どれも 自分の心には しっくりこないままななのです。

ep8

結局は 自分のことばかりで、他人はどうなっても良い。自分が 目立つことや、嫌われないことや、もてはやされるためのコミュニティー。 自分を正当化して 優越感に浸りたいという 表面的なナルシストのエゴにも見えるのです。それが 間違いだと言っているわけでもなく、 ただ、私には 嘘くさくて 苦しい。無理に 合わせるのが疲れるのです。諦めるのでも、おしつけるのでもなく『こんなに 心が安らげるスープや音楽があるのに、知らないのは、ほっとくのは勿体ないよ』と、それくらいの 気楽な 感動の 気持ちから 共有したい。『なんとかしきゃ』という希望だけは 諦めずに 幻滅せずに 持ち続けたい。それくらいの気持ちだったら 日々は 穏やかなのです。

画像4

しかし、現実は私の主催するイベントも 一瞬の盛り上がりの興奮にすぎません。イベントが過ぎると 忘れてしまいます。私の伝えたいボサノバやスープは イベントの日だけの特別なことではなく、 花鳥風月に親しんだ後のまるで山登りをした後の様な じわじわと持続する幸福感。毎日の暮らしに寄り添う心地よい 安らぎなのです。

どんな人も 知らない時期はあります。私も含めて 永遠に 無知で 良いのだと思います。無知だから、知りたいと思えますし、普段見慣れた景色が新鮮に生まれ変わります。それが 自分に飽きないこと、成長だと思います。知ることが楽しいから、人の話しに 素直に耳を傾けられます。まずは 否定ではなく 興味も持ちますし、良いことは 敵も見方も 人種も 地位も名誉も関係なく 取り入れられる絆になるのだと思います。良いことは、取り入れて 感謝し合うこと。簡単に出来ることが、簡単そうで難しいのです。

『話せば わかる』という人だけではないということを 経験した7年間でもありました。

勿論 私も『Minさんは 街や音楽のことを 親身に 考えて素敵ですね』言われると 嬉しいです。でも、成し遂げたことや 手柄などは 正直 どうでも良い。ジョアンジルベルトのボサノバの心地よさを伝えたい。『スープを 飲んで、ボサノバを聞いたら、元気になるよ。』『胸がポカポカと温かくなって幸せな気分になるよ。』と本当に 自分の心が 満たされた 安らぎ、心地さを 思わず 友人や家族に 感動して話してしまった。
私は そんな純粋無垢な 感動を人から人へ繋がるきっかけづくりをしていきたい。

ep7

自分が 仕事に疲れた時に、『好きなことが 嫌いにならなくても良いんだよ』と、そっと教えてくれたのが  ボサノバという音楽でした。自分が救われたから、同じ様に迷っている人が きっといるはず。私は そんな人達のために ただの 出逢いだけでなく、心地よいライフスタイルに出逢う感動のある きっかけ 作りのサークル活動の場が欲しいと考えました。

ep1-1

良い音楽、良い本、良い映画、本物は シンプルで洗練されています。シンプルで 洗練されていることに 触れて感動することは、情報に左右されずに、普段のライフスタイルまでが 洗練されてシンプルになることにも繋がります。人や情報だけに左右されて、心を満たすのではなく、ひとりでいても 花鳥風月に満たされていることは、どんな場所にいても、どんな情報を聞いても ぶれることのない 着飾らない 洗練された ひとつのシンプルな 自分に出逢えることです。ひとつの自分でいられるからこそ、誰といても どんな場所にいても ひとつの自分で 過ごせる自信が出来ます。それが 自分のままの個性であり、心の願望が満たされることです。本物で 普遍的なものは、 普通で ささやかな 日常の暮らし、大切さを 教えてくれます。目に見えること、耳に聞こえることだけが 正しいわけではなく、心の瞳で、洞察、直感、判断する 哲学を通じて 私達の日々にヒントとチャンスを与えてくれます。

2008-219138225-2008082536264.jpg_20080825

スープやジョアンジルベルトのボサノバは ディズニーランドや 海外旅行のパック旅行という 一瞬の興奮や刺激の楽しさではなく、まるで 山登りをした後の様なじわじわと続いていく 幸福感に 似ています。『愛と微笑みと花のある暮らし』、花鳥風月に親しむことにも似ています。お金持ちでなくても 誰でも 親しめる シンプルで洗練された 安らぎのある ライフスタイルです。

画像8

ささやかな 日常の幸せを飛び越えて、原発の反対や環境問題、音楽、アートデザインの議論をすることは 正直 私には少し重い。『もっと 普通で 気楽で 良いのにな』と思います。普通は 簡単そうで 難しいのです。

例えば、失恋したことのない人は、漫画本だけの知識だけでは 本当に人と人が 恋する気持ちまでは わからないですし、人に 傷つけられたことがない人は『人の胸の痛みがわからない』のだと思います。では わざわざ 失恋をしなきゃいけないのか?誰かを傷つけてまで 人の気持ちや 胸の痛みがわからないことを経験しないといけないのか?それは 違うでしょう?と一元論者は言う。『話せばわかる』が 通じない人とは こういう人のことなのです。

画像2

でわ、どうすれば良いか?

おしつけることでもなく、拒否するのでもなく、『スープと ボサノバは 疲れがとれますよ。 ボサノバは 幸福感があって 心が 安らぎますよ』という 私の心地よい感動を、伝えること。それで良いのです。ありのままの自分で 誰かに 見られるために着飾るのでもなく、誰かに認められるために 繕うわけでもなく、ただお金のために日々を犠牲にして仕事をするのでもなく、どんな日もどんな 境遇の日も 今が最高に幸せであると感じられる自分でありたい。そう素直に希望する人達が繋がること。情報や人で満たされるのではなく、花鳥風月に親しみ自分の心が満たされることが 必要だと 改めて 悟ったのです。

画像3

ただ、 反対、賛成、正しい、間違いだけでは  本当の心地良さや 安らぎは 自分にも 他人も 伝わらない。インディアンの様に 7世代先の子孫の平和に繋がるために、犬や猫や動物が 感じる心地よさや直感を 取り戻し、繋げるためにも、自分自身が まずは心地よく安らぎ 平和な心で満たされることが大事なのです。私から 始めることが 戦争のない世界になるためのプラスの1歩。私が 花鳥風月に親しむことが 地球にも 人にも 優しい慈愛のある絆に 繋がること。私の心が安らぎで 満たされることが 他人を思いやる、ゆとりにも繋がります。

t02200251_0250028510372712954
それでも まだ、この考えで 自分が 本当にしっくるくるのか?ただのエゴではないのか?携わる人も自分にも安らぎがあるのか?持続するのか?普段の何気ない1日として 自分が 親しみ 楽しめるのか?頭でっかちの妄想やまやかしではないのか? まだまだ 不安な部分はありますが、心の願望は必ず叶うと自分を信じて、臨機応変に皆様の意見やアイディアを借り軌道修正しながら サークル活動を通じて 新しい感動経済をつくって行きたいと思惟しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中